• ホーム
  • これでインスタ映えするお店の仲間入り?飲食店が行うべきInstagram対策!

これでインスタ映えするお店の仲間入り?飲食店が行うべきInstagram対策!

2019年07月30日
パソコンを操作している男性

飲食店もインスタ映えの商品の写真を投稿することで、Instagram対策をとることができます。インフルエンサーを起用したり、ロケーション機能ハッシュライクスで利用可能です。インフルエンサー招待を飲食店で行うことで、インスタ映えのする投稿を行ってもらい宣伝する方法になります。Instagramでの対策は広告は一切かからないメリットがありますし、キャンペーン実施を行なってもユーザーに伝わりやすいです。Instagramではハッシュライクスのロケーション機能を使うことができ、色や構図の統一をすることでインスタ映えのする投稿が可能になります。これにより飲食店へのリピーターやファンも増える傾向がありますし、店舗専用のハッシュタグを使うとわかりやすいです。飲食店は様々なキャンペーン実施を行なっていますが、様々なクーポン雑誌に掲載しても費用がかかります。Instagramで対策をとると、全て無料になりますし来店した人にInstagramアカウントをフォローしてもらうキャンペーン実施をすることもできます。インパクトが強いのはインフルエンサー招待で、来店してもらうだけで価値が高まりますし、そこから商品の写真をインスタ映えする形で投稿してもらえます。

店舗専用のハッシュタグをはってもらうことで、多くのユーザーが閲覧する可能性もあります。ハッシュライクスにはロケーション機能があり、これを利用することでさらに効果が高まります。Instagramの場合は店舗や個人の運用では、費用が一切かからないですし、集客することができるとっておきのツールです。色や構図の統一をした投稿を行うと、認知度をさらに上げることができますし、マーケティングを成功に結びつけます。新しい商品の写真を投稿すれば、それだけでユーザーに対しての宣伝になります。正しく活用することができれば、認知度も上がりますしさらに来店数を増やしリピーターになる可能性があります。Instagram上でファンが増えると来店してもらえる可能性が高まりますし、リピーターになりやすいです。ポイントは1日に1回投稿することが理想ですが、3日に1回は少なくても行うようにします。更新がされなければ、ユーザーにとって活気のないイメージがつきます。集客につながるポイントは、必要情報をプロフィール欄に記載し、写真の色や構図の統一をします。投稿する際はキャンペーン情報など、ユーザーに対しての有益な情報を掲載していきます。