• ホーム
  • インフルエンサーマーケティング成功事例3選

インフルエンサーマーケティング成功事例3選

2019年11月09日

インフルエンサーマーケティングを行うには、キャスティングにも楽しんでもらう方が円滑に進みます。商品や店舗PRをするときには、フォロワーなどの属性を確認して選択することが望ましいです。バリラジャパンでは、おうちごはんをメインに投稿しているデリスタグラマーと呼ばれているRieさんの投稿が有名です。Rieの投稿は投稿を見るだけでお腹が空きそうなおやつ写真が、フォロワーを魅了しています。バリラジャパンの商品や店舗PRで、商品がもっともよく見えるように美味しそうなラザニアを作り投稿します。主婦に人気がある時短調理をここで言及することにより、短い時間で美味しい料理が作れることに反響がありコメントがたくさん寄せられています。成功事例ではありますが、効果的な商品の魅力を適切に発信していくことが成功のカギです。コメント欄でもRieさんは調理のコツをアドバイスすることが多いので、親近感のあるキャスティングと言えます。商品や店舗PRを楽しんでもらうことの一つとして、伊東亜梨沙さんはモデル活動をしている中、インスタグラマーとしてもたくさんの影響力があります。Ploom TECHの紹介を伊東亜梨沙さんが行なっており、フォローしているファン層からも人気が出ています。

小沼瑞希さんはメイキャップブランドのEXCELを紹介しており、美容系インスタグラマーならではのアイテムです。EXCELのアイテムを使って小沼瑞希さんがメイクをするだけで、ファン層からの反響がありますし、同様のメイクをしたいということで購買するユーザーも多くなります。Ploom TECHを含め様々な成功事例がありますが、キャスティングはとても重要なことで間違えると効果がないケースもあります。ハッシュタグやコメントの内容など確認し、影響力のありそうなインスタグラマーを選択することが楽しんでもらうコツになります。商品や店舗PRだけではなく、ファンやフォロワーの質も気になるところです。女性のインスタグラマーでも男性層から人気が高い場合は、メイクなどを紹介してもファンに伝わるものがありません。これらのことからユーザー層が常にどのような行動をとっているかを気にかけ、そこからキャスティングを決めていきます。成功事例を知っておくことも、今後の参考になりますしキャスティングが重ならないような工夫をすることもできます。インフルエンサーマーケティングをする場合は、商品や店舗PRをして反響のある人を選ぶことがポイントです。