• ホーム
  • 企業アカウントならやっておきたいInstagram活用術をご紹介

企業アカウントならやっておきたいInstagram活用術をご紹介

2019年06月09日
パソコンを使用している人

Instagramで企業アカウントを作るときは、できる限り実店舗への来店誘導系や特定層のアプローチを行うことが大切です。キャンペーン系を実施することもできますが、設計は店舗によって異なり検証や商品モニターを行なっていることもあります。特定のハッシュタグをつけることによって、投稿の条件を設けリグラムを行います。商品をシンプルに購入したり、サービスを利用するためのクーポンを使った方法などもありますが、キャンペーン系は特定層へのアプローチをしやすいです。応募用ページへの誘導は特定の商品がもらえるということで、応募したいユーザーへ向いています。Instagramのユーザーは2000万人以上と言われていますが、年々増加しているので特定層へのアプローチに向いているプラットフォームだと言えます。若い世代だけではなく中高年層の利用者も増えてきているので、活用の参考になっています。実店舗への来店誘導系では、主婦層などにも人気があり、クーポンなどを取得して来店する仕組みになります。Instagramの投稿を見て購買行動を起こしているユーザーが多いことから、応募用ページへの誘導も効率的に行うことができます。

ハッシュタグは商品やサービスを紹介するときに役立ち、プレゼント企画などもユーザーから人気があります。何らかの形でキャンペーンへ応募してもらい、当選者を決めて送るという方法です。応募方法は投稿者によって変わりますが、ハッシュタグを用いて応募用ページへの誘導が一般的になっています。他企業でも多く見る方法で、気軽に応募できますしプレゼントをもらうチャンスがあるので、たくさんの応募が集まり効果的です。ハッシュタグをつけていくと、ユーザー同士の拡散もできるので活用の参考になります。プレゼントは割引の他にプリペイドカードを使用することもあり、発送の手間はなくトラブルも少ない方法です。Instagramから実店舗への来店誘導系のキャンペーンは、他企業のアカウントの投稿でもよくあることですが、投稿を見せることで割引特典を受けることができます。店舗への依頼だけではなく、イベントへ参加するときにも応用しながら使うことができます。店舗へ足を運んでもらうきっかけを提供しており、来店することで何らかの特典がもらえます。さらに特定層へのアプローチを期待することができるので、キャンペーンに向いていて利用するアカウントが多いです。