記事一覧
インフルエンサーマーケティングについて

インフルエンサーマーケティングは、企業が消費者に対して何らかのメッセージを発信する今までの方法よりも効果的です。商品やブランドに対しての知識・購買したいという意欲を向上させることが目的で、ターゲット間で拡散していくので注目されています。インフルエンサーが企業の商品やサービスなどを利用し、その口コミを拡散していく方法です。インフルエンサーは影響力のある人物で、多くの人から信頼感もあるのでたくさんのターゲット間で拡散がされていくというメリットがあります。インフルエンサーと企業を繋いでいるキャスティングも大切で、フォロワー数の多いインスタグラマーが数多く登録しています。自社との相性をしっかりと見極めることで、フォロワー数だけに頼らないことも大切なポイントです。ステマに注意をすることが大切で、商品をPRしているにもかかわらずそれをユーザーに伝えないことは信頼感を損なう原因にもなります。インフルエンサーを起用することについて、企業の効率が良くなりますし影響力も大きいです。インフルエンサーはキャスティングでも共感性の高いコンテンツを生み出すことに特化しているので、口コミも質が高く影響力のある投稿をします。ターゲット間で拡散されやすい理由として挙げられますし、インフルエンサーマーケティングを利用するときにも、ステマに注意をする必要があります。 キャスティングしている広告の効果や費用などを分析することで、他の施策にはないインフルエンサーマーケティングが多くの効果を生み出すツールとして注目されています。調査結果をさらに信頼感のあるものにし、自社との相性も大切なポイントです。SNSは特に親和性が高いので、施策が行われることも多く利用ユーザーが属している分野や得意とすることが違うのも特徴です。これらを把握して自社との相性をマーケティングに照らし合わせることができ、効果的なプラットフォームを探す参考になります。費用はメインで活用しているものの特徴を、効果計測として簡単に表すことができます。写真をメインに投稿する場合は、フォトジェニックであることが大切で、若い世代の人に受けるようにします。グルメを始めファッション系やメイク系・旅行系などでも全て、写真映えするものを対象に投稿する傾向があります。マーケティングではインフルエンサーとタイアップすることで、さらにそれらの効果をそれぞれ出すことができます。

2019年09月04日
小売企業でInstagramをやるなら実用イメージを重視

小売企業でInstagramを活用するときは、PRしたい商品を実用イメージに照らし合わせることを重視します。ブランドコンセプトをしっかりと構築することが大切ですが、テーマ統一することでさらに季節性などがでます。小売企業の公式アカウントとして、Instagramを活用する方法がありアカウントを分析しながら運用していくことができます。アカウントを開設する場合は、ブランドコンセプトを統一し参考企業をつくります。投稿頻度の規模はエンゲージメント率が大切になりますが、これらが高い結果を出していることもありInstagramとのテーマ統一が大切になります。参考企業はダイソーやキャンドゥなどが挙げられますが、実用イメージを工夫しながらPRしたい商品を投稿します。いいねをたくさん集めている投稿は、テーマ統一がされており、季節性などもあるのでわかりやすい投稿になります。ダイソーでは季節性のある商品として、日焼け止めの投稿をしています。子供向けで肌に優しいことでたくさんの市場を狙っており、店頭に並べられていても気がつきにくい可能性がありますが、ここで紹介されることで消費者に興味を持たせることができます。 ダイソーは100円のものを中心に取り扱っていることで、肌に直接つけるアイテムは安全面から避けるユーザーもたくさんいます。これらの商品をInstagramで細かく紹介することにより、使ってみようかなという消費者の心理を動かします。キャンドゥはInstagramを公式アカウントとして活用しており、様々な商品を知ることができます。季節性のあるアイテムとして、ビーチサンダルやビーチボールなどを紹介しています。様々な発見のあるアカウントなので、フォローする人も多くたくさんの人が拡散することもあります。店頭では見逃しそうなアイテムも、ここで紹介されていることで目的意識を持って買いに行くこともできます。どちらも新商品が出るたびに投稿されるので、このジャンルが好きなユーザーにはとても嬉しい状況です。また扇子などの紹介をしていますが、キャンドゥにしかないオリジナルのデザインなので興味が書きやすくなります。その他にも参考企業はたくさんありますが、Instagramを通して季節性を伝えることでよりフォロワーの心を惹きつけます。テーマ統一はインスタ映えするフィードとして必要で、PRしたい商品がより際立っているかを確認します。

2019年08月19日
これでインスタ映えするお店の仲間入り?飲食店が行うべきInstagram対策!

飲食店もインスタ映えの商品の写真を投稿することで、Instagram対策をとることができます。インフルエンサーを起用したり、ロケーション機能はハッシュライクスで利用可能です。インフルエンサー招待を飲食店で行うことで、インスタ映えのする投稿を行ってもらい宣伝する方法になります。Instagramでの対策は広告は一切かからないメリットがありますし、キャンペーン実施を行なってもユーザーに伝わりやすいです。Instagramではハッシュライクスのロケーション機能を使うことができ、色や構図の統一をすることでインスタ映えのする投稿が可能になります。これにより飲食店へのリピーターやファンも増える傾向がありますし、店舗専用のハッシュタグを使うとわかりやすいです。飲食店は様々なキャンペーン実施を行なっていますが、様々なクーポン雑誌に掲載しても費用がかかります。Instagramで対策をとると、全て無料になりますし来店した人にInstagramアカウントをフォローしてもらうキャンペーン実施をすることもできます。インパクトが強いのはインフルエンサー招待で、来店してもらうだけで価値が高まりますし、そこから商品の写真をインスタ映えする形で投稿してもらえます。 店舗専用のハッシュタグをはってもらうことで、多くのユーザーが閲覧する可能性もあります。ハッシュライクスにはロケーション機能があり、これを利用することでさらに効果が高まります。Instagramの場合は店舗や個人の運用では、費用が一切かからないですし、集客することができるとっておきのツールです。色や構図の統一をした投稿を行うと、認知度をさらに上げることができますし、マーケティングを成功に結びつけます。新しい商品の写真を投稿すれば、それだけでユーザーに対しての宣伝になります。正しく活用することができれば、認知度も上がりますしさらに来店数を増やしリピーターになる可能性があります。Instagram上でファンが増えると来店してもらえる可能性が高まりますし、リピーターになりやすいです。ポイントは1日に1回投稿することが理想ですが、3日に1回は少なくても行うようにします。更新がされなければ、ユーザーにとって活気のないイメージがつきます。集客につながるポイントは、必要情報をプロフィール欄に記載し、写真の色や構図の統一をします。投稿する際はキャンペーン情報など、ユーザーに対しての有益な情報を掲載していきます。

2019年07月30日
これを使うだけで集客率は変わる!有能ビジネスツール

Instagramビジネスプロフィールでは、インスタグラムが導入しているツールの一つで企業の詳細などをわかりやすく設置したりします。企業へのお問い合わせ窓口や店舗の位置情報をわかりやすく掲載したり、連絡手段としての道案内もプロフィールへ設置できます。ユーザーに対してわかりやすく、企業アカウントに連絡を取ることができるのは画期的なシステムになります。企業の詳細や運営側も対応することがなかった問題も、タイムリーに対応することができます。Instagramインサイトは、Instagramが公式で提供している分析するツールなのでアカウントのフォロワーのデータを目的別に分けていきます。年齢や男女の比率・性別や地域性などを分析し、それぞれの投稿に対してアクションの時間帯にも注目します。特に人気がある投稿のデータを抽出することで、背景を分析することもできますが、エンゲージメントを高めることもできます。お問い合わせ窓口などは特にわかりやすいですが、企業アカウントに連絡を取ることが必要です。Instagramビジネスプロフィールを導入することで、ユーザーや企業の間でのやり取りが目的別にわかります。双方にとってメリットのあるInstagramインサイトですが、種類を変更する手順も簡単です。 Instagram広告でビジネスプロフィールを設定するときには、Instagramアカウントを連携させる必要があります。新しくアカウントを作成する種類もありますが、変更になり設定できるようになっています。重要なことはお問い合わせ窓口で相談することができますし、Instagram広告を行うことで、プロフィール設定が管理できます。ビジネスアカウントが表示されるときは、管理していることもあり対応する項目を選んでいきます。カテゴリを選択したりビジネスにあったものを重要視することで、わかりやすくなります。Instagramインサイトを利用するには、ビジネスプロフィールを設定する必要があり投稿の宣伝もできるようになっています。アカウントの分析データを簡単にモバイルで確認することもできますし、投稿を宣伝するときにも行えます。Instagramインサイトでのデータを確認し、エンゲージメントの高い投稿をさらに広告として利用することが重要です。フォロワーの性別を始め、年齢やスポット情報・アクセスをした時間帯などもわかります。

2019年07月11日
効率的な運営には必須!ハッシュライクスのビジネスプラン

ハッシュライクスにはビジネスプランがあり特に180日のビジネスプランが利用しやすいです。ビジネスプランを利用する際は、複数アカウントを所持している必要があり、ひとつあたりのアカウントで考えるとリーズナブルな価格設定になっています。5つのアカウントを運用するには25000円になりますが、通常プランは30日寛で4980円です。ビジネスプランは通常プランと比較すると、さほど大きな違いがないということになります。ビジネスで利用するときは精度が上がるこちらのプランを選択する方が効率的ですし、同時運用をすることができます。ビジネスプランでは5アカウントの同時運用や管理が可能で、専用ロボットを割り当てられます。ひとつまでの競合設定もできるので、アナリティクスの面で精度が上がります。180日のビジネスプランでは449000円になりますが、20アカウントまで同時運用や管理ができます。こちらも専用ロボットが割り当てられますし、3つまでの競合設定をすることも可能です。さらに50アカウントまでの同時運用ができるプランもありますが、長期プランはお得な料金設定になっています。個人で運用するには果てしない数になりますが、ビジネスで運用する場合はファッションアカウントを始め、個人的なアカウントなども運用することになるので足ります。 インスタグラムを活用してビジネスを行うのであれば、ハッシュライクスのビジネスプランが精度が上がる結果になります。複数アカウントを持つことも普通ですしアナリティクスを考えると、専用ロボットを割り当てられることも大きな特典です。ユーザーに自動いいねや自動フォローをすることで、レスポンスを期待するシステムになります。プラン別に見ると費用が違いますが、含めるアカウントの数も変わってくるので大きな違いがありません。自動フォローや自動いいねをした場合に、リアクションがユーザーからない場合はそれを解除する専用ロボットがあります。プラン別で180日のビジネスプランを利用することで、どのプランよりもお得に使えます。ハッシュライクスを利用しインスタグラムを自動化することにより、効率よく運営していくこともできます。プレミアなプランとして取り上げられるビジネスプランですが、複数アカウントを持っている人は利用価値があります。アナリティクスの中でも、ハッシュライクスはとてもレベルの高いツールになります。

2019年06月24日
企業アカウントならやっておきたいInstagram活用術をご紹介

Instagramで企業アカウントを作るときは、できる限り実店舗への来店誘導系や特定層のアプローチを行うことが大切です。キャンペーン系を実施することもできますが、設計は店舗によって異なり検証や商品モニターを行なっていることもあります。特定のハッシュタグをつけることによって、投稿の条件を設けリグラムを行います。商品をシンプルに購入したり、サービスを利用するためのクーポンを使った方法などもありますが、キャンペーン系は特定層へのアプローチをしやすいです。応募用ページへの誘導は特定の商品がもらえるということで、応募したいユーザーへ向いています。Instagramのユーザーは2000万人以上と言われていますが、年々増加しているので特定層へのアプローチに向いているプラットフォームだと言えます。若い世代だけではなく中高年層の利用者も増えてきているので、活用の参考になっています。実店舗への来店誘導系では、主婦層などにも人気があり、クーポンなどを取得して来店する仕組みになります。Instagramの投稿を見て購買行動を起こしているユーザーが多いことから、応募用ページへの誘導も効率的に行うことができます。 ハッシュタグは商品やサービスを紹介するときに役立ち、プレゼント企画などもユーザーから人気があります。何らかの形でキャンペーンへ応募してもらい、当選者を決めて送るという方法です。応募方法は投稿者によって変わりますが、ハッシュタグを用いて応募用ページへの誘導が一般的になっています。他企業でも多く見る方法で、気軽に応募できますしプレゼントをもらうチャンスがあるので、たくさんの応募が集まり効果的です。ハッシュタグをつけていくと、ユーザー同士の拡散もできるので活用の参考になります。プレゼントは割引の他にプリペイドカードを使用することもあり、発送の手間はなくトラブルも少ない方法です。Instagramから実店舗への来店誘導系のキャンペーンは、他企業のアカウントの投稿でもよくあることですが、投稿を見せることで割引特典を受けることができます。店舗への依頼だけではなく、イベントへ参加するときにも応用しながら使うことができます。店舗へ足を運んでもらうきっかけを提供しており、来店することで何らかの特典がもらえます。さらに特定層へのアプローチを期待することができるので、キャンペーンに向いていて利用するアカウントが多いです。

2019年06月09日