Month: June 2019
効率的な運営には必須!ハッシュライクスのビジネスプラン

ハッシュライクスにはビジネスプランがあり特に180日のビジネスプランが利用しやすいです。ビジネスプランを利用する際は、複数アカウントを所持している必要があり、ひとつあたりのアカウントで考えるとリーズナブルな価格設定になっています。5つのアカウントを運用するには25000円になりますが、通常プランは30日寛で4980円です。ビジネスプランは通常プランと比較すると、さほど大きな違いがないということになります。ビジネスで利用するときは精度が上がるこちらのプランを選択する方が効率的ですし、同時運用をすることができます。ビジネスプランでは5アカウントの同時運用や管理が可能で、専用ロボットを割り当てられます。ひとつまでの競合設定もできるので、アナリティクスの面で精度が上がります。180日のビジネスプランでは449000円になりますが、20アカウントまで同時運用や管理ができます。こちらも専用ロボットが割り当てられますし、3つまでの競合設定をすることも可能です。さらに50アカウントまでの同時運用ができるプランもありますが、長期プランはお得な料金設定になっています。個人で運用するには果てしない数になりますが、ビジネスで運用する場合はファッションアカウントを始め、個人的なアカウントなども運用することになるので足ります。 インスタグラムを活用してビジネスを行うのであれば、ハッシュライクスのビジネスプランが精度が上がる結果になります。複数アカウントを持つことも普通ですしアナリティクスを考えると、専用ロボットを割り当てられることも大きな特典です。ユーザーに自動いいねや自動フォローをすることで、レスポンスを期待するシステムになります。プラン別に見ると費用が違いますが、含めるアカウントの数も変わってくるので大きな違いがありません。自動フォローや自動いいねをした場合に、リアクションがユーザーからない場合はそれを解除する専用ロボットがあります。プラン別で180日のビジネスプランを利用することで、どのプランよりもお得に使えます。ハッシュライクスを利用しインスタグラムを自動化することにより、効率よく運営していくこともできます。プレミアなプランとして取り上げられるビジネスプランですが、複数アカウントを持っている人は利用価値があります。アナリティクスの中でも、ハッシュライクスはとてもレベルの高いツールになります。

2019年06月24日
企業アカウントならやっておきたいInstagram活用術をご紹介

Instagramで企業アカウントを作るときは、できる限り実店舗への来店誘導系や特定層のアプローチを行うことが大切です。キャンペーン系を実施することもできますが、設計は店舗によって異なり検証や商品モニターを行なっていることもあります。特定のハッシュタグをつけることによって、投稿の条件を設けリグラムを行います。商品をシンプルに購入したり、サービスを利用するためのクーポンを使った方法などもありますが、キャンペーン系は特定層へのアプローチをしやすいです。応募用ページへの誘導は特定の商品がもらえるということで、応募したいユーザーへ向いています。Instagramのユーザーは2000万人以上と言われていますが、年々増加しているので特定層へのアプローチに向いているプラットフォームだと言えます。若い世代だけではなく中高年層の利用者も増えてきているので、活用の参考になっています。実店舗への来店誘導系では、主婦層などにも人気があり、クーポンなどを取得して来店する仕組みになります。Instagramの投稿を見て購買行動を起こしているユーザーが多いことから、応募用ページへの誘導も効率的に行うことができます。 ハッシュタグは商品やサービスを紹介するときに役立ち、プレゼント企画などもユーザーから人気があります。何らかの形でキャンペーンへ応募してもらい、当選者を決めて送るという方法です。応募方法は投稿者によって変わりますが、ハッシュタグを用いて応募用ページへの誘導が一般的になっています。他企業でも多く見る方法で、気軽に応募できますしプレゼントをもらうチャンスがあるので、たくさんの応募が集まり効果的です。ハッシュタグをつけていくと、ユーザー同士の拡散もできるので活用の参考になります。プレゼントは割引の他にプリペイドカードを使用することもあり、発送の手間はなくトラブルも少ない方法です。Instagramから実店舗への来店誘導系のキャンペーンは、他企業のアカウントの投稿でもよくあることですが、投稿を見せることで割引特典を受けることができます。店舗への依頼だけではなく、イベントへ参加するときにも応用しながら使うことができます。店舗へ足を運んでもらうきっかけを提供しており、来店することで何らかの特典がもらえます。さらに特定層へのアプローチを期待することができるので、キャンペーンに向いていて利用するアカウントが多いです。

2019年06月09日