Month: August 2019
小売企業でInstagramをやるなら実用イメージを重視

小売企業でInstagramを活用するときは、PRしたい商品を実用イメージに照らし合わせることを重視します。ブランドコンセプトをしっかりと構築することが大切ですが、テーマ統一することでさらに季節性などがでます。小売企業の公式アカウントとして、Instagramを活用する方法がありアカウントを分析しながら運用していくことができます。アカウントを開設する場合は、ブランドコンセプトを統一し参考企業をつくります。投稿頻度の規模はエンゲージメント率が大切になりますが、これらが高い結果を出していることもありInstagramとのテーマ統一が大切になります。参考企業はダイソーやキャンドゥなどが挙げられますが、実用イメージを工夫しながらPRしたい商品を投稿します。いいねをたくさん集めている投稿は、テーマ統一がされており、季節性などもあるのでわかりやすい投稿になります。ダイソーでは季節性のある商品として、日焼け止めの投稿をしています。子供向けで肌に優しいことでたくさんの市場を狙っており、店頭に並べられていても気がつきにくい可能性がありますが、ここで紹介されることで消費者に興味を持たせることができます。 ダイソーは100円のものを中心に取り扱っていることで、肌に直接つけるアイテムは安全面から避けるユーザーもたくさんいます。これらの商品をInstagramで細かく紹介することにより、使ってみようかなという消費者の心理を動かします。キャンドゥはInstagramを公式アカウントとして活用しており、様々な商品を知ることができます。季節性のあるアイテムとして、ビーチサンダルやビーチボールなどを紹介しています。様々な発見のあるアカウントなので、フォローする人も多くたくさんの人が拡散することもあります。店頭では見逃しそうなアイテムも、ここで紹介されていることで目的意識を持って買いに行くこともできます。どちらも新商品が出るたびに投稿されるので、このジャンルが好きなユーザーにはとても嬉しい状況です。また扇子などの紹介をしていますが、キャンドゥにしかないオリジナルのデザインなので興味が書きやすくなります。その他にも参考企業はたくさんありますが、Instagramを通して季節性を伝えることでよりフォロワーの心を惹きつけます。テーマ統一はインスタ映えするフィードとして必要で、PRしたい商品がより際立っているかを確認します。

2019年08月19日