Month: September 2019
インフルエンサーマーケティングについて

インフルエンサーマーケティングは、企業が消費者に対して何らかのメッセージを発信する今までの方法よりも効果的です。商品やブランドに対しての知識・購買したいという意欲を向上させることが目的で、ターゲット間で拡散していくので注目されています。インフルエンサーが企業の商品やサービスなどを利用し、その口コミを拡散していく方法です。インフルエンサーは影響力のある人物で、多くの人から信頼感もあるのでたくさんのターゲット間で拡散がされていくというメリットがあります。インフルエンサーと企業を繋いでいるキャスティングも大切で、フォロワー数の多いインスタグラマーが数多く登録しています。自社との相性をしっかりと見極めることで、フォロワー数だけに頼らないことも大切なポイントです。ステマに注意をすることが大切で、商品をPRしているにもかかわらずそれをユーザーに伝えないことは信頼感を損なう原因にもなります。インフルエンサーを起用することについて、企業の効率が良くなりますし影響力も大きいです。インフルエンサーはキャスティングでも共感性の高いコンテンツを生み出すことに特化しているので、口コミも質が高く影響力のある投稿をします。ターゲット間で拡散されやすい理由として挙げられますし、インフルエンサーマーケティングを利用するときにも、ステマに注意をする必要があります。 キャスティングしている広告の効果や費用などを分析することで、他の施策にはないインフルエンサーマーケティングが多くの効果を生み出すツールとして注目されています。調査結果をさらに信頼感のあるものにし、自社との相性も大切なポイントです。SNSは特に親和性が高いので、施策が行われることも多く利用ユーザーが属している分野や得意とすることが違うのも特徴です。これらを把握して自社との相性をマーケティングに照らし合わせることができ、効果的なプラットフォームを探す参考になります。費用はメインで活用しているものの特徴を、効果計測として簡単に表すことができます。写真をメインに投稿する場合は、フォトジェニックであることが大切で、若い世代の人に受けるようにします。グルメを始めファッション系やメイク系・旅行系などでも全て、写真映えするものを対象に投稿する傾向があります。マーケティングではインフルエンサーとタイアップすることで、さらにそれらの効果をそれぞれ出すことができます。

2019年09月04日