パソコンを使う男性

Instagramでビジネスアカウントを設定するときは、Facebookでのアカウントが必要になります。Facebookへ紐付けすることで、既存ユーザーとの接点を作ることができます。すでに認知度の向上もできますし見込み顧客を設定することも難しくありません。ビジネスアカウントの全体像として、今までできていたことやできなかったことが逆になることもあります。企業アカウントを作るためにビジネスプロフィールへ変更することがあっても、臨機応変に個人プロフィールへ戻すことができるのもメリットです。ビジネスアカウントは非公開にすることができないですし、ひとつのFacebookアカウントにだけシェアをすることが可能になります。後から紐付けるページを変更することは可能なので、ビジネス専用のコンセプト設定を行います。Instagramのビジネスアカウントを分析することによって、広告を有料で配信することができるのも大きなメリットです。企業アカウントでは認知度の向上を見込むことができ、既存ユーザーとの接点が多くなります。Facebookアカウントの連絡先に、すでにメールや住所などが登録されているので実際に店舗を持っている場合は、所在地を多くの人へ宣伝する効果があります。開設前には、目標を達成するためのプロセスが適切に実行されるかを評価する指標が必要で、KPI設定とも呼ばれることがあります。

ブランディングの現状を把握していくことが目的で、KPI設定を行なっていきます。全てを開設前に行うことができるのも、ビジネスアカウントの大きなメリットで、既存ユーザーとの接点も見ることができます。コンセプト設定ではダイレクトメッセージだけではなく、ペルソナ設定もできるのでホームページなどへ誘導することも可能です。投稿されている写真やコメントを使って、リンクを貼ることは不可能ですがペルソナ設定を使うことで広告をはっていきます。見込み顧客は自分のアカウントを分析することができ、認知度の向上につながります。どのくらい見られているかの指標はいいね数以外でも、分析が可能になるので投稿内容を分析することに役立ちます。見込み顧客は投稿ごとのページにシェアすることができませんが、個人プロフィールに変更できるので問題ありません。ビジネスアカウントを設定することにより、Instagramへどのくらいの人がアクセスしているのかを分析することも可能です。